プロフィール

SAMmom

Author:SAMmom
書道教室を営む父母の間に生まれた息子は、
アート大好き少年に育ってきました。
そして、スケートにもどっぷりはまりこみ…
気づくと、人さまに知られるようになってました。

毎日がクリエイティブ!

だけどまだまだちっちゃい小学6年生イサム。

その彼の活動を、母がぼちぼちペースで綴るブログです。

Isamu Yamamoto

Facebookページも宣伝

✩Instagramも見てね!✩
 
Instagram ISAMUism



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
だいぶん前のことですが…

〈お父さん談〉

いつものように皇子山でフリーラインとフリスタの練習をしていると、スケボーでこちらに向かってくる2人のスケーターを発見。勇に言うと、直ぐに喜んで会いに行きました。
2人はストリートだそうです。
お名前はアジミ(?)さんとサカタさん!
アジミさんは元々モトクロスの方で、なんと、tmmr.com(モトクロス関係のショップ。フリーラインスケートのウィールも作ってて、私たちもよくお買い物するお店)にスポンサリングされていたとのことでした。だからtmmrがフリーラインに力を入れていることをよくご存じで…
なかなかお二人とも気さくなよい方でした。
サカタさんにはまだ未完成と言われながら逆立ちのあの高度な技にチャレンジされて勇もびっくりしていました。
聞くとブレイクダンスをやっているとのことで納得。というかんじです。
その後勇の動画やアジミさんたちの日頃の動画を見せあったりと意気投合しました。
勇はボードを自分で書いたことを「スゲー」と言われ、また火打でのフリーラインの動画とレイルtoレイルを見せたときに「スゲー」と連発してもらい上機嫌でした。


また、この日とは別ですが、長居公園に朝から電車に乗って行った日、自宅の最寄りのおごと温泉駅で、突然スーツを着た方に声をかけられ
「火打形で滑っておられましたね?」と声をかけていただきました。
何か世間が狭く感じるとともに、スケボーする人達は暖かいと感じる次第でした。



関連記事
スポンサーサイト

2011/07/23(土) 22:01 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フリーエリア

■□■SPONSORS■□■

フリースタイル・スケートボードに興味を持ったらまずこちらへアクセス!↓↓↓








■□■□ OTHER □■□■





Shoji Yamamoto

〈父fbページはこちら↑〉
Takayo Yamamoto

〈母fbページはこちら↑〉







ブログランキング
覗いていただいたついでに、ポチッとお願いします。
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。