プロフィール

SAMmom

Author:SAMmom
書道教室を営む父母の間に生まれた息子は、
アート大好き少年に育ってきました。
そして、スケートにもどっぷりはまりこみ…
気づくと、人さまに知られるようになってました。

毎日がクリエイティブ!

だけどまだまだちっちゃい小学6年生イサム。

その彼の活動を、母がぼちぼちペースで綴るブログです。

Isamu Yamamoto

Facebookページも宣伝

✩Instagramも見てね!✩
 
Instagram ISAMUism



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
11月中旬の週末、藤井アニさんからお誘いいただいて、

FS.com合宿に初めて参加させていただきました~

場所は山梨県、小瀬スポーツ公園。

前日の金曜日からだったけど、ウチは学校があるし、お父さんも仕事なので、土曜未明に出発して、2日目の朝から合流させていただきました。



CIMG1305resized2.jpg

5人のFS.comライダーさんのうち、コータさんだけ二日目参加されてなかったのでご一緒できなかったのが残念。
でも、豪華メンバーの中で練習させていただけて、贅沢すぎでした。

調子に乗って、なんとアニさんにスケゲーを申し込むってことまで!(お子ちゃまの至りです)
当然のことながら負けでしたが、アニさんに
「めんどくさい技持ってるなあ!」
って言われた、とイサム、喜んでたそうな。

CIMG1315resized2.jpg

トシアキさんとスケシュー色違い!
なんか、通販カタログの親子モデルの写真にありそうなショットですね。

FScom合宿1resized2

インタビューもされたりしました。
しゃべるの大の苦手なのに
モジモジくんだったんじゃないやろか…

FScom合宿3resized2

緊張の表情。

FScom合宿4resized2

お父さん野垂れ死にの図。
それを尻目に、イサム君、黙々と練習中の図。

FScom合宿8resized2

動画もいろいろ撮っていただきました。

FScom合宿12resized2

どんなん撮れたかな~?

FScom合宿9resized2

「最後のほうにユータさんがごっつ、いかついの決めてました!イサムも将来こんなんできるかなぁ…」
(by父)だって。


美しく色づいた銀杏を背に記念写真。
なんか、メンバーの一員って感じにかっこよく写していただけました
(実は、このイチョウから落ちてる銀杏〔ぎんなん〕のにおいにみんな悩まされてたそうで。トシアキさんがずっと「臭い、臭い」って言ってはったそうです。)

FScom合宿17resized2

とにかくお父さんによると、この日は滅茶苦茶濃い1日で、かなりいい経験させていただけた~って。
皆さんレベルが凄すぎて、スゴ技をバシバシ目の前に見ながら、イサムも練習に気合が入りまくり。
ずーっと滑ってたそうです。
調子もめちゃくちゃよかったみたいで、新技もいくつかGet

誘ってくださったアニさん、トシアキさん、ご一緒させていただいたFS.comライダー、ユータさん、se-yaさん、ありがとうございました~~~

(※写真の多くはFS.comさんより拝借)

***

でも実は…

とんだハプニングがありました。

母、仕事中にお父さんから電話

父:「デッキ入れたか?あらへんで。どこに入っとるんや?」
母:「え、入れたはずやけど………(あ

言われて気付きました。
スケシューとデッキを抱えて車に運んだとき、デッキを車庫の壁に立てかけて、スケシューだけ先に積んだんです。
積んだついでに車の中をゴソゴソして、中にあったものを家にしまおうと持って入ったりしてるうち、デッキのことはもう積んだつもりになって安心しきってました。
出発するとき、イサムに、
「デッキ積んである?」
って聞かれた時も、自信満々に
「入れたよ!」
って言ってたけど…。

私、真っ青 ゴメン!!!サムちゃん
イサム、電話の向こうで半泣き状態だったみたいだけど、お父さんが苦肉の策で、積んであった古いデッキや、一つが潰れて片方しか残ってないトラックとかのパーツを組んで、前後バラバラのデッキを何とか作ってくれたみたいです。

母、申し訳なくて、心配で心配で、新幹線で持っていこうかとまで思ったりもしたんですが、後で電話したら、
「それがな、おかしなもんで、メチャ調子イイねん。わからんもんやわ
とお父さん。
あー、ホッとした~


さて、次の日は日曜だし、二人、せっかく関東に来たので1日どこかで滑るつもりにしてましたが、se-ya
さんから、翌日は新横でサトシさんやライアンさん(5月のWorld Round-Upのアマクラス優勝のカナダ人フリースタイラー)と滑るって聞いて、じゃあうちも!って、行くことにしました。


翌朝行ったら、まだフリースタイラーの皆さんは来られてなくて、午前中は一人で滑って、一旦お昼にラーメン博物館へ行ったりしてたみたいです。

イサム大好きな昭和の香り IMG_20131117_113240resized2.jpg

IMG_20131117_113310resized2.jpg

鉄人に感動!テンション上がりまくりの鬼太郎。

IMG_20131117_113504resized2.jpg

昔、「ガチンコ・ラーメン道」やってた佐野さんの支那そば屋にて。デヘヘ…(締まりなさすぎの図)

IMG_20131117_114232resized2.jpg


そして、午後から皆さん来られてセッション。

CIMG1358resized2.jpg

IMG_20131117_122826resized2.jpg

初顔合わせのライアンさん。
「上手いし、すんごくいい子やったわー。」ってお父さん。
イサムもなついてたそうです。
(お父さん、初め、se-yaさんのお父さんに間違われたとか。年齢的にはおかしくいけど(^_^))

いろんなスピンを見せてもらったみたいで、
「スピン系がすごかった!」
って言ってました。

CIMG1356resized2.jpg

逆立ちも綺麗!イサムの顔「すんげぇー!」って感じ。

CIMG1359resized2.jpg

Micさんも来られました。
やっぱりオシャレだ。
イサムもデレデレ。
(だけど写真撮る時ぐらいマスク外せよ~)

IMG_20131117_154258resized2.jpg

CIMG1366resized2.jpg


サトシさん、来られました。
あとお一人はユウタさんかな。Round-upに出られてた方ですね。

CIMG1369resized2.jpg

CIMG1368resized2.jpg

IMG_20131117_193745resized2.jpg


勢いのある若手フリースタイラーの皆さんに混じって滑らせていただき、この日もまた引き続き濃い1日。
イサム、昨日の調子を持続できて、新技バシバシ決まるし、結局2日間で7つも新技メイクしたんだそうです!!!


やっぱり練習環境ってすごく影響しますね。
モチベーションが全然違います。
もちろん、誰でもそうだとは思いますが、
お父さんがよく言います。
「あいつ、一人でやらせてたら全然あかん。」
イサムはまだまだ一人ではモチベーションをコントロールできません。
いろんな面での意識も低いし。
技術的にはどんどん成長していってるんですが、あとは精神的にももっと成長して欲しいところです。


さて、新横での新技です!




フリーラインもそのテンションでいいフリップできましたので。





関連記事
スポンサーサイト

2013/11/30(土) 23:40 | コメント:3 | トラックバック:0 |
コメント

toshiaki :

お父さんの・・思わずシャッターをおしてしまいました(笑)  
その後ろで練習するイサムクンがとても画になってしまって・・・
次の日も新技ゲット流石です。お疲れ様でした!!

YU-TA :

こっそり初スケゲー挑まれまして
あと一歩及ばず僕が負けちゃいました(^_^;)
しかしあのdeckでよく出来るな~ww

次回楽しみにしてます。


イサム母 :

>トシアキさん
ナイスショットです!(笑)
ありがとうございました(´∀`)
新技いろいろ持ち帰っきて見せてもらいますけど、私はもうすでに、何が何か区別するのが難しくなってきました。

>ユータさん
そうだったんですか(^_^)遊んでやっていただいてありがとうございました!
「めんどくさい技」が効きましたかね。レベルの高い方には、逆にイサムのやるような簡単な技(フリップ1回転とか)がやりにくいそうですねw
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フリーエリア

■□■SPONSORS■□■

フリースタイル・スケートボードに興味を持ったらまずこちらへアクセス!↓↓↓








■□■□ OTHER □■□■





Shoji Yamamoto

〈父fbページはこちら↑〉
Takayo Yamamoto

〈母fbページはこちら↑〉







ブログランキング
覗いていただいたついでに、ポチッとお願いします。
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。