プロフィール

SAMmom

Author:SAMmom
書道教室を営む父母の間に生まれた息子は、
アート大好き少年に育ってきました。
そして、スケートにもどっぷりはまりこみ…
気づくと、人さまに知られるようになってました。

毎日がクリエイティブ!

だけどまだまだちっちゃい小学6年生イサム。

その彼の活動を、母がぼちぼちペースで綴るブログです。

Isamu Yamamoto

Facebookページも宣伝

✩Instagramも見てね!✩
 
Instagram ISAMUism



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
昨日の日曜日は、親子3人で久しぶりのお出かけ。

そして、イサムには記念すべき日。

大好きなキース・ヘリングの展覧会が伊丹で開催中で、初めて生のキース作品に出会えるのです。
前日から思いっきり楽しみにしてました。


午前中、合唱団の練習が終わって、いざ!と車を走らせてると、よく通る道筋に新しいバーガーショップを見つけ、



お昼ご飯に買ってみよか!と立ち寄りました。
バルーンアートのお姉さんがお店の前でパフォーマンス、というか、お客さんの待ち時間にあれこれ楽しいものを作ってはプレゼントしたりして楽しませてくださってました。
イサムもネズミなどを作ってもらい…

CIMG4737resizedresized.jpg

お礼に切り紙チョキチョキ…

CIMG4740resizedresized.jpg

バルーンアートのマリリンさん、お店のカナエさんと記念写真。
バーガー、ちょっとお値段しましたけど、その分、ボリュームがあって味もなかなかでした!
さすが近江牛!

CIMG4741resizedresized.jpg


さて、いよいよ美術館へGo!

と言っても、キース・ヘリングは今日のラストにおいといて、
その前に大阪の中之島にある、国立国際美術館へ

『草間彌生展』

を見に行きました。

kusama1.jpg


美術館に到着。
草間さんならではの水玉模様のたくさんのオブジェに迎えられ、戯れる勇。

CIMG4745resized.jpg

CIMG4743resized.jpg

では、入館!

CIMG4744resized.jpg

美術館全体が作品のようです。
玄関も水玉だらけ。

CIMG4746resized.jpg

中もオブジェだらけ。

CIMG4760resized.jpg

CIMG4764resized.jpg

さーて、入場しまっせ〜

CIMG4755resized.jpg

この展覧会場には、2,3箇所、写真を撮ってよいコーナーがありました。

CIMG4769resized.jpg

CIMG4772resized.jpg

Beautiful!

120205_151303resized.jpg

「カメラ貸して!」
と、自分で撮りたいところを撮りまくり。
下はサインを見つけて撮ってるところ。

120205_151150resized.jpg

撮ったもの。(ボケボケやん!)

CIMG4775resized.jpg

草間さんの展覧会は結構人気のようで、日曜日だったこともあり、人出が凄かったです。
こういう人の多い展覧会はイサムみたいな小さい子は大変なんですよ。
イサムの目線に落として見てみると、人の足ばかりで、一番前に出ないと作品なんてまともに見られないんです。これじゃ、かわいそう。
いつもなら、お父さんが抱っこして見せるんですが、お父さん骨折で抱っこできず。
お母さんもお父さんの荷物とかいっぱいで抱っこできず。

一応回ったけど、まだまだ見たりないので、期間もまだまだあるし、もう一度見に来ることにして、ショップにも寄らずに次の会場に急ぐことにしました。


待望の

『キース・ヘリング展』

会場の伊丹市立美術館は、国立国際美術館から20分程度で行けました。ラッキー!

CIMG4782resized.jpg

CIMG4783resized.jpg


イサム、入場したら、既に興奮状態!
「早く、早く!ハッ、ハッ、ハッ…」
と、餌を目の前にした犬のようでした。
リュックから慌てて震える手で自分が持ってるキースの画集を取り出し、載ってる作品が飾られてるのを見つけてはそのページを開いて
「あった〜!」
と大喜び。
見たらまた描きたくなって椅子に座ってスケッチブックを取り出し、キース風の絵を描いたりも。

ショップではかなり時間を費やしてグッズを選び、1万1千円ぐらいお買い物。
(下の写真はその一部)

CIMG4779resized.jpg
帰ってすぐさま冷蔵庫に買ってきたマグネット貼り付けまくり。
CIMG4786resized.jpg

閉館ギリギリまで粘って見て回りましたが、まだまだキースに浸りたい様子。
もう少し期間が長かったらもう一回行けるのに…。

今度は山梨の中村キース・ヘリング美術館へ連れていくか…。

関連記事
スポンサーサイト

2012/02/06(月) 15:24 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

たかがき

Keith Haring ええなぁ~。
私もsk8始めた頃、大好きでした。
ポストカードめっちゃ集めてました。
実家に残ってるかも・・・。

イサム母 :

是非見に行ってくださ~い!
やっぱり、キースとSK8はよく合いますよね!タカガキさんが始めはった頃だど、キース存命中?
(あと、ポストカードご不要でしたらイサムちゃんにプリーズです。)

KOUYAパパ :

あ~あ、イサム君の画風はこの人の影響だったんですねー。
キース・ヘリング・・・知りませんでした。
勉強になりました。

イサム母 :

よくわかるでしょう?
キース作品を鑑賞した直後に描くと似すぎてイマイチなんですよ。少し離れてるとキースの影響とイサムのオリジナリティが程よくミックスされるんですけどね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フリーエリア

■□■SPONSORS■□■

フリースタイル・スケートボードに興味を持ったらまずこちらへアクセス!↓↓↓








■□■□ OTHER □■□■





Shoji Yamamoto

〈父fbページはこちら↑〉
Takayo Yamamoto

〈母fbページはこちら↑〉







ブログランキング
覗いていただいたついでに、ポチッとお願いします。
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。