プロフィール

SAMmom

Author:SAMmom
書道教室を営む父母の間に生まれた息子は、
アート大好き少年に育ってきました。
そして、スケートにもどっぷりはまりこみ…
気づくと、人さまに知られるようになってました。

毎日がクリエイティブ!

だけどまだまだちっちゃい小学6年生イサム。

その彼の活動を、母がぼちぼちペースで綴るブログです。

Isamu Yamamoto

Facebookページも宣伝

✩Instagramも見てね!✩
 
Instagram ISAMUism



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
合唱祭、無事に終わりました。
母は、午前中のリハーサルから本番終了まで、ほとんど舞台裏でお手伝い。
リハーサルの開始終了時間のお知らせや、本番の演奏時間の計測と、1日中みっちり仕事。
どっと疲れました。
お父さんは午前中、ひとつのリハーサル室の受け持ちで、2団体の練習時間を計ったら終わり。
午後は客席で観覧。(ずるい!)


当日のプログラムは、挿絵カットが赤刷りでした。
111113_121149resized.jpg

切り紙の蝶も透かしのように印刷されてました。
111113_121140resized.jpg

最後のページには、滋賀県の木「もみじ」、県の花「シャクナゲ」、県の鳥「カイツブリ」
イサムの名前も刷られてました。
111113_121105resized.jpg

リハーサル風景(※本番は撮影禁止)
一際小さい!
111113_092806resized.jpg 


ロビーでの作品展示。
休憩時間には展示の案内の放送までかけてくださいました。
CIMG7348resized.jpg

CIMG7346resized.jpg CIMG7347resized.jpg

楽屋にて。
CIMG7356resized.jpg


本番の演奏は、各団体、歌だけでなく、振りをつけたり、小物を使ったりと、趣向を凝らして楽しいものでした。
でも、やはり大きな団体(イサムの所属する団の4〜5倍の人数)は、歌だけでかなりイイものを聞かせてくださいました。響きが全然違いました。また、小さい団は小さい団で、一生懸命さが伝わり、素晴らしかったです。


終了後、ホスト団体である、びわこ少年少女合唱団が玄関にてお見送り。
CIMG7380resized.jpg

[高画質で再生]

びわこ少年少女合唱団お客様お見送り(滋賀県少年少女合唱祭第20回記念大会) [ブログ]


最後に、団のご指導・事務局の小松先生ご夫妻をはじめ、先生方、お手伝いのご父兄の皆さまお疲れ様でした!
そして、イサムの作品をこの場で展示することを強く薦めてくださった太田智子先生、ありがとうございました!




関連記事
スポンサーサイト

2011/11/13(日) 22:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フリーエリア

■□■SPONSORS■□■

フリースタイル・スケートボードに興味を持ったらまずこちらへアクセス!↓↓↓








■□■□ OTHER □■□■





Shoji Yamamoto

〈父fbページはこちら↑〉
Takayo Yamamoto

〈母fbページはこちら↑〉







ブログランキング
覗いていただいたついでに、ポチッとお願いします。
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。