プロフィール

SAMmom

Author:SAMmom
書道教室を営む父母の間に生まれた息子は、
アート大好き少年に育ってきました。
そして、スケートにもどっぷりはまりこみ…
気づくと、人さまに知られるようになってました。

毎日がクリエイティブ!

だけどまだまだちっちゃい小学6年生イサム。

その彼の活動を、母がぼちぼちペースで綴るブログです。

Isamu Yamamoto

Facebookページも宣伝

✩Instagramも見てね!✩
 
Instagram ISAMUism



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
今日は授業参観でした。
教室に入ってイサムを探しましたがなかなか見つかりません。

一番前に座っていたのをやっと見つけました。
あまりに小さくて、後ろに座ってる子に隠れてました。
しかも、ほかの子より机の高さも5cm以上低くしてあるし…。


授業は道徳でした。
先生からの質問に、みんな手を挙げて発表してましたが、イサムは手を挙げませんでした。
家に帰ってから
「サムちゃんはあんまり手を挙げて発表せえへんの?」
と尋ねると、
「いつもは挙げてるけど、参観日は緊張して…」
と。結構意外です。
心臓に毛が生えてるみたいに思ってたのに。

そう言えば、入学してはじめての参観日(この時はお父さんが行きました)では、いきなり居眠りして、お父さんがホッペを叩きに行っても起きなかったという図太さ
(今でも居眠りの常習犯です。)
この子、大物だわと思えることがたびたびですね。


さて、授業の内容は「ありがとう」の言葉がテーマだったんですが、
最後に、参観に来てる父兄に「ありがとうカード」を書いて渡しましょう、という課題があり、授業の終わりに渡してくれました。
ありがとうカード_R
いつもより丁寧な字で心がこもってます。花丸あげるっ


参観終わって、掲示してある絵を写メに撮ってきました。

111021_093558resized.jpg

どんぐり。 
黒の線が一際冴えてました。中国清朝の斉白石などの文人画をふと思い出しました。

111021_093721resized.jpg

運動会の絵。 
子供らしい絵です。学校向け
家ではこんなふうな絵描きません。


関連記事
スポンサーサイト

2011/10/22(土) 00:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フリーエリア

■□■SPONSORS■□■

フリースタイル・スケートボードに興味を持ったらまずこちらへアクセス!↓↓↓








■□■□ OTHER □■□■





Shoji Yamamoto

〈父fbページはこちら↑〉
Takayo Yamamoto

〈母fbページはこちら↑〉







ブログランキング
覗いていただいたついでに、ポチッとお願いします。
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。