プロフィール

SAMmom

Author:SAMmom
書道教室を営む父母の間に生まれた息子は、
アート大好き少年に育ってきました。
そして、スケートにもどっぷりはまりこみ…
気づくと、人さまに知られるようになってました。

毎日がクリエイティブ!

だけどまだまだちっちゃい小学6年生イサム。

その彼の活動を、母がぼちぼちペースで綴るブログです。

Isamu Yamamoto

Facebookページも宣伝

✩Instagramも見てね!✩
 
Instagram ISAMUism



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
お父さんが入院中でいないと、あんまり滑りにもいけない毎日。
母も仕事がないときに時間を作って滑りに連れて行きますが、1日1,2時間程度がいいとこ。
冬休みに家にいるとダラダラと過ごしてしまうので、
今日は
「切り紙100枚!」
を課しました。
実は、お父さんには次のイサムの展覧会のビジョンが見えてて、とにかく普段から切り紙をたくさんこなさないとビジョン通りのものができないと考えているのです。

今日は母の仕事場に連れて行き、ひたすらやらせました。

30枚できたらお小遣い200円とか、ちょこちょこ“飴”を与えながら…。



結局仕上がったのは、自己申告で

70枚
※途中、自己申告で40枚を数えたとき、母が数えたら45枚でした。

目標には届きませんでしたが、まぁ、よく頑張りました。

こんな感じです。

CIMG4034resized.jpg

セアカゴケグモ。

CIMG4036resized.jpg

トンボの後尾。

CIMG4037resized.jpg

最近親子ではまってしまったクマムシ

CIMG4038resized.jpg
CIMG4039resized.jpg

クマムシ?何?って方は、下の動画をどうぞ。





さてさて、お父さんですが、折れたところに金属プレートを入れる手術を年明け5日にする予定。
それまでに腫れを引かさないといけないので、26日から入院中。
今日、主治医の先生から
「順調だから、いつでも出ていいよ。手術日にきてもらったらいい。」
と言われたものの、家では母が留守の時、何かと困るし、おじいさん、おばあさんに負担はかけたくないので、2日までご厄介になる予定です。

明日は外出申請して、イサムのスケート練習を見に行くんだとか…。


スポンサーサイト

2011/12/29(木) 21:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
クリスマスの朝、サンタさんから届いたプレゼント


骨折したお父さんと。

「僕に合うボードでフラットじゃないやつで、プロのサイン入りのがほしい!」
というのが、今年サンタさんにもらいたかったプレゼントです。

CIMG3958resized.jpg

ちゃんとサインも入ってます。
大石ヒデミプロの。
大喜びでした!



ボードが入ってた袋に潜って遊ぶイサム。
CIMG3959resized.jpg

組む前のパーツを転がしたりなどして遊んでました。
CIMG3948resized.jpg

トラックなしの板でドッグウォークをしてみたり…
CIMG3950resized.jpg

エンドオーバーをしてみたり…
CIMG3951resized.jpg

まだまだできないフィンガーフリップをしてみたり…
CIMG3954resized.jpg


で、いつものごとく、デッキデザイン。
このたびはお父さん負傷で、母も頑張りました!

表は元から黒かったので、イサムがペンの色を選んで描くだけ。
CIMG3972○

デッキ裏は元々のデザインをサンドペーパーでこするのに一苦労。
ビュービュー風の吹く中、車庫で汗をかくほどゴシゴシ…。
イサムが、
「あまり他にない色のデッキにしたい!」
と選んだゴールドのペンキを何度も塗り重ね、こんな感じに…
CIMG3977○

ヒデミさんのサインステッカーの色合いともマッチ。
考えて選んだわけではないそうですが、よく合ってます。
CIMG3980resized.jpg


さて、組んだ後はこうなりました。
CIMG4002.jpg

真ん中あたりちょっと空いてたのと、m80の黒のステッカーが裏面を引き締めそうだったので、初めてデッキにステッカーを貼りました。
締まってかっこよくなりました!
CIMG4006.jpg


今日、初乗り。
キックフリップがいきなり成功したり、
レイルフリップも成功したり、
フリップ系がやりやすいと喜んでました。
3月に九州のフリスタコンテストに出場する予定ですが、このデッキが活躍してくれるかな?




2011/12/26(月) 21:45 | コメント:2 | トラックバック:0 |
イサム、月曜から咳がひどくて2日間学校を休みました。
まだ、咳が続いています。
今日は朝から声が嗄れて、別人のような声に。
「どこの子よ?」
って思うほどです。
声が違うだけで自分の子と思えないぐらいイメージが変わってしまいました。

学校から帰って病院へ。
かかりつけじゃなく、一度呼吸器の先生の所へ行ってみようと行ってみたところ、
玄関に「休診」の張り紙が…。
やっぱりかかりつけの先生のところへ行くことにしましたが、開診時間まで1時間あり、家に帰っても中途半端なので、うちの近くにある雄琴温泉観光公園の足湯につかりに行きました。

securedownloadresized.jpg

そこではしゃいでズボンのすそを濡らしてしまったので、結局、一旦着替えにうちへ帰る羽目に…。


・・・・・・・・・


さて、動画アップしました。フリースタイルSK8、フリーラインスケートの11月総集編です。
カメラが壊れて、しばらく携帯動画で凌いでたのですが、携帯動画がメールサイズになってて、恐ろしく見苦しい部分がありますが、ご勘弁ください。
そんな時に限って、珍しいトリックができてて悔しいです。




・・・・・・・・・


さて、記事タイトルの落書き、ご覧ください。

太郎風resized
岡本太郎風抽象画

キース前resized
大好きな作家、キース・へリングをモチーフに描いてます。そっくり

キース前拡大resized
上の絵の部分拡大。

キース横2resized
こちらもキース。ボードに絵を描いてる。自分と重ね合わせたのか?

キース横拡大2resized
上の絵の部分拡大。

がいこつresized
ガイコツ。前より細かくなった。

コジコジファミリーresized
コジコジファミリー。何も見ずに記憶だけで書いてます。すごい!

お母さんの顔から7resized
これは、最初、お母さんの顔をデッサンしてましたが、鼻の下の影を塗りすぎて髭のようになっちゃったので、途中からへんてこなおじさんに変えてしまいました。ひどい!


…最近しばしば思うんですが、イサムは、物を見るときに、その形象を自分が表現することを常に念頭に置いて見ているような気がします。だから、物の形状を驚くほどに記憶していて、見ながら書いたのかと思うぐらい、似せて描けるんじゃないかと思うのです。しかも、同じものでも、角度を変えたらどんなふうに見えるかまではっきり違うように描き分けます。
こないだは、スケボーの裏のトラックがついてる部分を、斜めから見た図を何も見ずに描いてました。
親が言うのもなんですが、この年でこのように物体の形象を3Dで捉える能力には度肝を抜かれます。
まるで、スキャナーのような目です。


2011/12/10(土) 00:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |
朝、8時前からせっせと切り紙。



CIMG7278resized.jpg


切ったあとの折り紙の山(の一部)です。
「今まで、切り紙してこんなに疲れたことない!」
というくらい切りました。

CIMG7301resized.jpg

CIMG7262resized.jpg


明日の合唱祭の傍らで、イサムのミニ作品展をしていただけることになったので、お父さんにお尻を叩かれて制作


CIMG7311resized.jpg


CIMG7329resized.jpg

CIMG7273resized.jpg

CIMG7296resized.jpg

CIMG7297resized.jpg

CIMG7304resized.jpg

↑これ、1年生の時の作品なんですが…

CIMG7337resized.jpg

↑こんなふうになりました。

CIMG7325resized.jpg


夕方から作品を運び込み、こんな感じに飾ってもらいました。

CIMG7339resized.jpg

CIMG7342resized.jpg

CIMG7343resized.jpg

CIMG7336resized.jpg

合唱祭なのに、なぜかこんなふうになって、見に来られた人かな。


お父さんの書も明日の合唱祭の舞台を飾ります。


CIMG7332resized.jpg


イサム、明日は久々の合唱の舞台ですが、練習をよく休んでるので、まだ歌詞がしっかり覚えられてない
朝、早く起きて練習です。

母は、あすの準備で、ほぼ1年ぶりに合唱団の制服を出してきました。
年長から着てるけど、まだ今年も充分着れそう。
(どういういこと?)

そうそう、今日、スーパーでイサムの普段着のズボンを買いました。
イサムに合うサイズのズボンがかかってるところで選んでて、ふとそのコーナーに掛かってるポップを見たら、
「幼園児用ズボン」
と書いてありました。
「男児スモールサイズズボン」ぐらいにしといてよ。

昨日、ふと、ブログのタイトル、いつまでこのままでいけるかなぁ…いずれタイトル変えないとなぁ…と思いましたが、しばらくそんな心配しなくてもよさそうです。


2011/11/12(土) 22:31 | コメント:2 | トラックバック:0 |
イサムは、年長から「びわこ少年少女合唱団」に入団し、週1回日曜日午前中に練習に行ってます(※出席率悪い)が、来週は年1回滋賀県内の少年少女合唱団が集う合唱祭に参加します。
開催は持ち回りの当番制で、今年はイサムの所属する合唱団が当番に当たってるので、色々と仕事が回ってきて…。

チラシの挿絵はイサム画↓。

合唱祭_R

実はなかなかこんな絵が描けず…

あんまりこんなほのぼのした絵を描いてないのでイメージが全然沸いてこなかったようです。

最初の頃に描いた絵。
深呼吸してから、そーっと下へスクロールして見てください。

 …

 …

 …

 …

 …

 …

 




 



合唱祭パンフレット用イラスト最初_R

おぉぉぉぉっ~

世にも恐ろしいゾンビ出現



その次の段階にはこんなふうになりました。

あと、もう一息。


合唱祭パンフレット用イラスト少し進歩_R


ということで、なんとか上のチラシの挿絵にまでたどり着けたということです。






蛇足ですが、
先日、母、スケボーに挑戦!

1ヶ月以上、フリーラインも何も滑ってなくて、ものすごく久し振り。
「お母さん、スケボーやってみたら?」
とイサム。
実は母、前からやりたかったんですよ。
なかなか滑りにいける時間も取れないし、この際やっちゃおう!

最近、お父さんがランプ用に大きいデッキを買いました。
大人は大きいのに乗らないと危ない、とハックルベリーのヨッシーさんに勧められて買ったデッキ、安定感があるので初めて練習するには安全、とお父さんがこれでやってみ、と貸してくれました。


では、これから母のスケボー奮闘記(写真も動画もありません)

はじめ、片足を乗せただけなのにゾクッと恐怖感
この恐怖感の克服から始まりました。

そーっと両足を乗せてみる。
まだまだ怖い。

お父さんがどの辺に足を乗せてとか、基本を教えてくれました。
イサムは
「ボクがお手本を見せたげるわ。見ててや~」
と、思いっきり勢いよくすっ飛ぶようにプッシュ。
お母さんにそんなん出来るわけないやろ

そーっとプッシュ。
蹴って滑るだけがこんなに怖いものとは…。
しばらくプッシュで滑る練習。

慣れてきたらお父さんが
「チクタクしてみ。」
と、足の位置とか色々手ほどき。

やってみました。
全然動かない。
少しノーズ(デッキの前のほう)を持ち上げるようにしないと左右には振れません。
持ち上げすぎて、2回ほどデッキをすっ飛ばしてこけました。

しばらくやってると小さく動かせるように!
でも、その場から進みません。
逆に微妙に後ろに進んでる。アレ?
ムーンウォークじゃあるまいし…。
(いくら若い頃マイケル命だったって言ってもそんなんする気はありません。)

練習してるうちにだいぶんコツがつかめてきて、だいぶんテンポよく左右に動かせるようになってきました。

そして、1時間半ほど練習し、ボチボチですが前進できるように!

途中、気分転換にフリーラインスケートにも乗ってみました。
なんかバランス取りやすくなってる?
いつもは乗り始め、ちょっとバランス崩しそうになるのに。
バランス感覚がよくなってきたみたいです。

一息つくときも、気付いたらデッキの上で腰に手を当ててくつろいでました。
最初の恐怖感はなんだったんだろう?

汗びっしょりかきました。
あー、楽しかった。絶対またやる



今回、スケボーをやってみて気付いた点

体重移動の感覚が重要だと思いました。
ほんのわずかなことでバランス崩すし、動かない。
最初はそれも、左右の足という1次元的な(直線上の)調節しか考えてなかったけど、
プラス、足のつま先方向とかかと方向という面でも調整しないといけない、と2次元的に考えるようになってきました。
最後には、少しジャンプするように上へ身体を浮かせるような動きも必要になってきて、3次元的に動かさないと上手く動かないことにやっと気付き、そのへんからだいぶん楽になってきました。

若いうちなら、こんなこと、頭で整理しなくても勝手に身体が気付いて感覚的に会得できるんでしょうね。
年を取ると先に理屈で理解しないと難しい。


母、42歳のチャレンジです。



2011/11/06(日) 22:22 | コメント:3 | トラックバック:0 |
フリーエリア

■□■SPONSORS■□■

フリースタイル・スケートボードに興味を持ったらまずこちらへアクセス!↓↓↓








■□■□ OTHER □■□■





Shoji Yamamoto

〈父fbページはこちら↑〉
Takayo Yamamoto

〈母fbページはこちら↑〉







ブログランキング
覗いていただいたついでに、ポチッとお願いします。
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。